エディタ難民に終止符!比較した結果テキストエディタはBracketsが超使いやすそう – ESTELOCOS.jp

エディタ難民に終止符!比較した結果テキストエディタはBracketsが超使いやすそう

ビジネスアイテム

ウェブサイトを制作する時のツールって皆さん何を使っていますか?

会社に勤めていたり、学校で教わっていたりする人は周りにもウェブデザイナーが多くいますよね。すると周りからも自然と色々な情報を得たりできるでしょうが、僕は趣味の延長線上から勝手に一人で勉強しているので情報収集はネットの情報に頼りまくっていますw

そこで先日ふとテキストエディタが気になって調べ始めたら止まらなくてですね。自分なりに調べたり触ったりしてみた結果Bracketsというツールに落ち着きました。

あくまでも素人ならではの視点と比較なので業界プロの方には参考にならないと思いますのでご了承くださいw

探せばたくさん出てくるテキストエディタ

そもそも括りはテキストエディタで合ってるのかな。オーサリングツール? コードエディタ? HTMLエディタ? よくわかっていませんが、ここでは「テキストエディタ」で統一させていただきます。

Dreamweaver CC

dreamweaver_icon

今まではAdobeのクリエイティブ・クラウドを入れてることもあり、コーディングなんて名言葉すら知らなかった超初心者のど素人ということもあり、業界ど定番のDreamweaver CCを使用していました。

初めて触ったテキストエディタなので、これに慣れてるというよりこれしか知らないという感じでした。Dreamweaverならでは便利機能とかも全然使いこなせていません。

Adobe CCに登録して単体で2,180円、PhotoshopやIllustrator等とセットで4,980円を毎月支払うことで使用できます。

▶︎公式サイトへ

Coda 2

coda_icon

もともとエディタの乗り換えは他と比較するつもりなんてこのCodaを使うつもりでした。Mac専用のテキストエディタで、有料9,800円(2015年6月現在)です。

Dreamweaverのちょっともっさりした感じの動きと、多機能すぎるゆえのゴチャゴチャ感、あんまりイケてないUIなんかが気になっていた僕としては、Macに特化した綺麗なビジュアルに惹かれました。素人なんで見た目重要です!w

あと、プレビュー・HTML・CSSの3分割使用ができるのも凄いいいなーて感じでした。

▶︎公式サイトへ

Sublime Text 2

icon-sublimetext

で、そのCodaを買う前になんとなくエディタのことを調べてみたら出てきたのがこのSublime Textです。ウェブデザイナー・コーダーだけでなくプログラムを書く人たちにも支持されているエディタなんだとか。

調べてみると現場ではDreamweaverよりこっち使ってる人のが多いんじゃないかと思えるほど推されてました。

本来70$ですが、無料のダウンロード版を使い続けることも可能なようです。

▶︎公式サイトへ

Atom

atom_icon

次に出てきたのがこのAtomです。GitHub社製のオープンソースエディターです。オープンソースなので利用はもちろん無料。

上記のSublime Text同様にプログラマにも多く支持されているエディタだそうです。

▶︎公式サイトへ

Brackets

icon-brackets

最後に出てきたのがBracketsです。Dream Weaverと同じくAdobeが提供しているテキストエディタですが、こちらはGitHub上で公開されているオープンソースで無料です。

Brackets自体が HTMLで出来ていて、ウェブ制作に特化したエディタだという印象。

▶︎公式サイトへ

HTMLのコーディングに適したテキストエディタを比較

とりあえず比較対象になったのはこの5つのエディタです。これらを調べて自分なりの好みで決めようと思いました。繰り返しますが、あくまでも素人目線ですので。

Dreamweaver CCに関する参考記事

Coda2に関する参考記事

Sublime Textに関する参考記事

Atomに関する参考記事

Bracketsに関する参考記事

とまぁ、見れば見るほどまた悩むわけでして。

百聞は一見に如かずということで、Dreamweaverはすでにインストール済みだったし、Codaは一週間の体験版がダウンロードできたし、Sublime Textも無料版がダウンロードできるし、AtomとBracketsは無料なので全部触ってみました。

 

比較結果:Brackets

Dreamweaver 参考記事や書籍が豊富だけど動きが重い。あとプレビュー表示がうまくいかない場合があった。
Coda2 UIが綺麗だけど現時点での僕に9,800円は高い。同じくプレビューがうまく表示されなかった。
Sublime Text 個人的に純正で日本語メニューじゃないと使いにくいなと思いました。プラグインで対応しましたけど、それでも若干馴染めず……う〜ん。
Atom 同様の理由から日本が対応じゃないのはちょっとなぁーという感じ。UIは好きでした。
Brackets 無料、日本語対応、Atomと似たようなUI、プレビュー表示ばっちり&リアルタイムも可能、「これだー!」という感じでした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

完全に素人目線ですので、参考にならない方も多いと思います。結果的に触ってみて自分の一番好みのエディタを使用してみるのが一番早いと感じました。

僕のように未経験で独学だけど、もう少し色々できるように勉強したいよーという方は参考にしてみてください。

 

ではまた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で野口 銀河をフォローしよう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧