Macでウィンドウを並べて表示する便利な画面分割アプリ「Shift It」 – ESTELOCOS.jp

Macでウィンドウを並べて表示する便利な画面分割アプリ「Shift It」

仕事効率化

Macでブログを書いたり作業をする時に複数のウィンドウになることはありませんか?

例えば参考になる記事を見ながら、自分の記事を書きたかったりアプリの設定をしたかったり色々あると思います。Windowsですと「ウィンドウを左右(上下)に並べて表示」という開いているウィンドウを綺麗に分割してくれる機能が右クリックからすぐにできるのですが、Macにはありません。

いちいち画面のサイズを調整しながら適当な位置に動かすのは非常に面倒ですが、それを解決してくれる非常に便利なアプリがあるのでご紹介いたします。

Mac用の画面分割無料アプリ「Shift It」

shiftit-icon

Shift ItはMac専用の無料アプリケーションで、前述の様に面倒な画面分割をショートカットで簡単に行うことができる僕にとっては無くてはならない必須の神アプリです。

Shift Itの使い方

では具体的にどのようなことができるのか、簡単にご説明いたします。例えばブログを書きながらプレビューを見たいと思ったとします。

Macの画面左右2分割(通常)

shiftit_1

▲僕のiMac 27インチで画面いっぱいで作業していたとします。横に長すぎるので通常こんなに広げて使うことはありませんが、わかりやすいのでこれでいきますね。

shiftit_2

▲ある程度書いたところで「プレビュー」をクリックしてプレビュー画面を開きます。

shiftit_3

▲するとプレビュー画面が別タブで開きます。でもこれだといちいちタブを切り替えながら、書いて見て書いて見てを繰り返さなければなりませんね。

shiftit_4

▲なのでタブをドラッグして別ウィンドウに分離させます。

shiftit_5

▲で、片方のウィンドウを何となく半分くらいまで縮めてー

shiftit_6

▲もう片方も縮めてー

shiftit_7

▲何となく角に合わせてー

で、最後に右半分くらいになんとなく調節してー……

 

ってやってられんわw

日が暮れるわw

 

ってなるわけです。

Macの画面左右2分割(Shift It)

ではShift Itを使ってみます。

shiftit_4

▲ウィンドウを分割するまでは一緒ですね。分割できたらoption + command + ←を押します。

shiftit_8

▲するとどうでしょう。一瞬でアクティブになっているウィンドウ(画像手前側のプレビューウィンドウ)が左に!

shiftit_9

▲次にもう1つのウィンドウをどこでもいいのでクリックしてアクティブ状態にします。画面いっぱいに広がっていますので一時的にプレビュー画面は後ろに隠れてしまいましたが、ここで今度はoption + command + →を押します。

shiftit_10

▲右半分になりました!

これで完全に左右2等分に分割されて作業がしやすくなりました。

shiftit_11

option + command + ↑ or で上下分割も可能です。

shiftit_12

control + option + command + 矢印で今度は4分割

shiftit_13

▲このような配置も簡単にできます。

Shift Itのインストール方法

shiftit_14

▲まずはこちらからShift Itをダウンロードしてください。

ダウンロードされたファイルを解凍しアプリを立ち上げるだけです。メニューバーに「Shift」が表示されれば使用できます。

Shift Itが動かない時は

もしもショートカットを押しても動かなかったり、メニューバーにShiftが表示されなかったりする場合は、

システム環境設定>セキュリティとプライバシー>アクセシビリティ

からShiftitにチェックを入れてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

画面の分割機能に慣れてしまうと、本当にこれ無しでは作業できないぐらい使い勝手がいいです。

以前OSをYosemiteにアップデートしたらShift Itが使えなくなって、非常に不便でしたが、上記のシステム環境設定を再度やり直すことで今まで通り動くようになったので、Yosemiteで動かないよーという人は試してみてください。

 

ではまた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で野口 銀河をフォローしよう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧