無料のFTPクライアントソフトFileZillaの使い方とサイトとの接続設定方法 – ESTELOCOS.jp

無料のFTPクライアントソフトFileZillaの使い方とサイトとの接続設定方法

ビジネスアイテム

FTPクライアントソフトは無料・有料問わずいくつかあるのですが、僕が使用しているのはFileZilla(ファイルジラ)というソフトです。

Windows、Mac両方に対応していて、転送スピードも遅くなく、それでいて無料ですので、迷った時は基本的にFileZillaにしておいて間違いはないかと思います。

僕の場合はまずFTPって何? というレベルでしたので、超初心者向けの記事内容となります。

ではどうぞ。

FTPクライアントソフトとは?

FTPとは、File Transfer Protocol(ファイル・トランスファ・プロトコル)の略で、サーバとクライアントという2台のコンピュータ間で、ファイルを転送するためのプロトコル、つまり、通信上の決まりごとのひとつで、Webサイトからデータをダウンロードする際や、ホームページ作成時にデータをサーバにアップロードする際に使われます。

FTP – インターネット用語辞典 –

うーん……何やらよくわかりませんが、僕は自分のパソコンとサーバーとを接続して、データを転送するためのソフトだと認識しています。

要はサーバーにファイルを上げたければFTPソフト使わないと接続できないよ。みたいな

 

オススメFTPソフトは定番のFileZilla

filezilla-logo

Windows専用ならFFFTPかWinSCP、WindowsとMac両対応ならCyberduck、FileZilla、Mac専用では有料ですがForklift、Transmitあたりが選択肢でしょうか。WindowsのFFFTPは定番のイメージがありますが数年前に開発が停止されているみたいですね。

僕がMacを買って初めてインストールしたFTPソフトはCyberduckでしたが、転送速度が……遅い。その点FileZillaは同等のファイルであればCyberduckとは比較にならないほど速いです。ただ、Mac使っているとFileZillaの昔のWin感満載なUIデザインが結構ダサくて気になる。ForkliftやTranmitはMacらしい洗練されたデザインでかっこいいのですが、そこまでFTPソフトを多用するわけではないので有料はちょっと……

ということで無料でそこそこのスピードのあるFileZillaに落ち着いております。

 

FileZillaのダウンロードとインストール

では早速FileZillaをインストールしてみましょう。まずはFileZillaのダウンロードページへアクセスします。

filezilla-1

▲ページに表示される ダウンロードボタンをクリックするとFileZillaのダウンロードが始まります。ダウンロードされたzipファイルを解凍すると、中にFilaZilla本体が入っていますので起動してみましょう。

 

FileZillaのサイト接続方法とファイル転送方法

FileZillaを起動したら任意のファイルを転送できるように、自分のWEBサイトとの接続設定を行います。

 

FilaZillaを日本語表記で使うやり方

まずFileZillaはデフォルトでは英語表記になっていますので、使いやすいように日本語に直します。

filezilla-2

▲FileZillaのメニューバーから「 FileZilla → Setting 」をクリックします。

filezilla-3

▲Settingウィンドウが開きますので、サイドメニューから「Interface → Language」をクリックします。

filezilla-4

▲「Japanese」を選択して、「OK」をクリックします。

filezilla_setting_3

▲「言語が変更されました」と表示されます。「OK」をクリックし、一度FileZillaを終了して再起動すれば日本語設定は完了です。

 

FileZillaのWEBサイトとの接続方法(エックスサーバー編)

では自分のブログ等のWEBサイトとの接続設定を行っていきましょう。

僕はエックスサーバーを使ってこのブログを動かしていますので、エックスサーバーを例にさせていただきますが、他のレンタルサーバーでも変わらないはずです。

参考にしながら進めてみてください。

filezilla-5

▲FilaZillaを起動したら、ちょっとわかりづらいですが左上にあるアイコンをクリックします。

filezilla-6

▲サイトマネージャーというウィンドウが開きますので、「新しいサイト」をクリックします。

filezilla_setting_6

▲任意のサイト名を入力します。

filezilla-11

ホスト サーバーレンタル時に送られてくるメールに記載されている「FTPホスト」を入力します。
プロトコル 「 FTP ファイル転送プロトコル」を選択します。
 暗号化 「 Only use plain FTP (insecure) 」を選択します。
 ログオンの種類 通常を選択します。
 ユーザ サーバーレンタル時に送られてくるメールに記載されている「サーバーID」を入力します。
 パスワード サーバーレンタル時に送られてくるメールに記載されている「パスワード」を入力します。
 コメント 空欄で大丈夫です。

上記のように入力したら「接続」をクリックします。入力内容が正しければサーバーと接続されます。

うまくいかない時は入力内容を見直してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

通常サイトやブログを更新するだけならあまり必要のないFTP接続ですが、カスタマイズやバックアップ、プラグインの干渉等で触る機会も出てくる可能性もありますので、覚えておきましょう。

 

ではまた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で野口 銀河をフォローしよう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧