改めてネットビジネスで起業するために必要な事業計画の作り方を学んでみた – ESTELOCOS.jp

改めてネットビジネスで起業するために必要な事業計画の作り方を学んでみた

ビジネスマインド

こんにちは。ネットビジネス研究家の銀河です。

4月に入ったということで入学した人、入社した人、引越しした人などなど環境が変わった人も多いのではないでしょうか。やはり節目は気合もモチベーションも上がりますよね。

ただ、このモチベーションというのが微妙でして、もちろん「やる気」も大事なのですが「モチベーションに左右されない波のない感情」も仕事には大事なんですね。

「熱量・気合・根性」と「冷静にタスクをこなす淡々とした感情」のバランスだと思います。夢や目標を語るアツい思いと市場や数字をクールに分析することでできる事業計画。

僕は実は苦手で何度も何度も修正しているのですが「経営者」としてやらねばならない仕事なので時間がかかりながらもなんとか作っています。「事業計画って何?」の方々、僕と一緒に学んでいきましょう。

そもそも「事業計画書」とは?

まずそもそも「事業計画書」ってなんでしょう。

作る必要性があるの? 何を書けばいいの? 誰かに提出するの? 全然わかりませんでしたがとりあえず調べながら書いてみました。

事業計画書の必要性

事業計画書って必要なんですか? と聞かれたら今の僕だったら「絶対に必要です」と言います。「音楽で食ってく!」としても「BUYMAで本業以上に稼いでやる!」でも「ブログで情報発信する!」でも業種や規模に関わらず必要だと言えます。

どんな内容であろうとこれから独立・起業しようと思っているとすればそれはビジネスです。ビジネスをやっていくにあたって「協力者」や「理解者」の存在が不可欠となりますが、これらの人たちに自分がやろうとしていることを理解してもらうために必要となります。

具体的な業務内容、収益性、実現性、市場規模や競合他社のデータ分析などなど多くの文章と分析したデータ資料が必要となりますので、とても口頭で伝えられるものではありません。何より作ることで自分が一番理解できます。

思いついた時は「めっちゃ良いビジネス思いついた!」みたいになったとしても冷静に分析してみたらかなり厳しかったなんてこともあるかもしれません。この場合は勢いに任せてやらなくて良かったとなるかもしれませんね(時には勢いも大事なのが面白いところでもありますが)。

ただ、「個人事業主」、「フリーランス」として独立したとしてもこの先何年も一人で現場第一線で仕事し続けることを僕は考えていませんし、周りにもオススメしません。「え、フリーランスって一人で仕事することじゃないの?」と思った方は、まずなぜ独立しようと思ったのか考えてみてください。

人それぞれ考えはあるかと思いますが、僕のブログを読んでいるということは「自由」を求めているはずです。時間・お金・場所・人間関係……自分が「自由」を手にするためには「人に任せる」ことが必要となります。

そして「人に仕事を任せる」ということは「経営者」になるということです。周りの人間を何人も巻き込んでビジネスをしていく経営者が数字やデータのことがわからず、計画性もないまま思いつきと勢いだけで行動するわけにはいきませんよね。

ですので

  • 自分が何をやりたいのか
  • どうやって稼ぐのか
  • どうやったらお客様が集まるのか

などを明確にしておく必要性があるのです。

まぁ偉そうなこと言ってますが自分も全然できてなくこれからちゃんと作る感じです汗

「成功して稼いでいる人」から教わることももちろん非常に大事ですが、「まだ稼げてないけど成功を夢見ている自分と同じ立ち位置の人」が今後を見据えて何をやっているのか参考にしてみてください。上から物言うつもりなんて全く無いので親近感でも感じてもらえたら幸いです。

いざ作り始めるとめっちゃ時間かかりますし、たとえ修正することになろうともこれからの活動の指針になりますので今のうちから頑張って作ってみましょう。いろいろな気づきが出てくるはずですよ。

なぜ事業計画書を作ろうと思ったのか

いままで作らなかったのになぜ僕はここにきて作ろうと思ったのでしょう。それにはBUYMA(バイマ)の外注化が深く関わっています。

バイマもやり始めは「とにかくバイマで人気があって売れている商品で利益の取れる商品を探して出品する」ということにフォーカスしていたのですが、その中でもやっていくうちに段々とブランドやカテゴリー、価格帯なんかが少しずつ絞れてきます。そうすると「ごちゃまぜの何でも屋さん」だったのが「専門性のあるお店」に変わってきます。

「専門性」が出てくるということは顧客が限られてくるということですよね。ある一定の条件のお客様は対象になりますが、それ以外を顧客対象として外すということになります。

これがなかなか勇気がいるのですが、意外と「万人に受ける幅広いジャンルのお店」よりも「的を絞った顧客に対する一点突破」の方が反応が良かったりします。もちろん需要と供給のバランスがあるので絞りすぎて需要がなくてもしょうがないですけどね。

これって僕がDJやってた時から思っているのですが「万人受け」を狙ったDJやアーティストって「その他大勢」に含まれちゃうんですよね。「別にこの人じゃなくてもいいや」的な。

でもターゲットを絞ったDJって「この人の時間じゃないと聴けない時間」ができあがるのでそれを求めるお客様が集まるんですね。ただしそれを求めるお客様がいてのビジネスですので、「お客様が求める音楽」を提供するのと「自分の好きな音楽を押し付ける」のって違いますから、この辺りをはき違えると「独りよがり」になっちゃいますね。

話が逸れましたが要は「自分の強み」と「対象の顧客」、「自分のフィールド」や「稼ぐ仕組み」を考えておかないとブレるんですよ。自分一人ならまだしも外注さんと契約したりしていて仕事を任せると「ここはこうしてこんな感じで」と言っていたものが「やっぱこっちで」とか「ごめん。やっぱこっちに戻して」とか変わりまくるんですね。

理由や目的があって検証するために両方やってみてから決めるのは良いと思いますが、「なぜそうしたのか」を聞かれたら答えられるように自分の行動を理解していなければなりません。だから「このまま進む」のか、「右か左へ行く」のかを判断するために「ゴール」と「現在地からの道順」を把握しておく必要があります。

「僕らはこうなることが目的で、そのためにはここでこんなことや、あそこであんなことをしなければならなくて、それらにはこれぐらいの時間がかかりそうだけど、到着した際にはこんなことがある」ということがわかってなければ一緒にいる人には不安しかなく、いずれ見限られて離れていってしまうでしょう。

先のことはやってみなければわかりません。予想通りだったこともあれば全く予想外のことも起きるでしょう。

ただ、その際にもこの事業計画書という未来予想図のシナリオがあるおかげで「何が予想通りで何が予想外だったのか」を検証することができます。検証して修正してまた進んでいく。目標対してまっすぐ進めているのか逸れてしまっているのかを見極めて舵取りをしていく役目が個人と言えど僕ら経営者にはあるんですね。

事業計画書を作るための項目を自問自答してみる

事業計画書を書くことで自分のやりたいことが非常に明確になります。今までぼやけていた「なんとなく」の部分をしっかりと落とし込むことで輪郭がはっきりし、道筋が見えてきます。

では実際にどんな内容を考えていけばいいのでしょうか?

  1. 事業理念について
    1. 事業コンセプトについて
    2. 5年後のビジョンについて
    3. 事業位置について
  2. 市場分析について
    1. 社会的背景について
    2. 市場規模について
    3. 競合他社について
    4. 顧客のメリットについて
  3. 戦略について
    1. 自社のサービス・商品について
    2. 販売戦略について
    3. ビジネスモデルについて
    4. 社内体制について
    5. 外観について
  4. 売上計画について
    1. 見込み客について
    2. 原価計画について
    3. 人員計画について
    4. 設備計画について
    5. 利益計画について
    6. 事業が成功する理由について
  5. 資金計画について
    1. キャッシュフローについて
    2. 資産について
  6. アクションプランについて
    1. 業務ののブレイクダウンについて
    2. 責任者と担当者について
    3. PDCAについて

こんなところでしょうか。このあと更に細かく分かれていきますが事業計画のアウトラインをこのように組んでみました。

それぞれをさらに5つぐらいの項目に分けて考えていきますので、かなり脳みそを使う作業になります。「脳に汗をかけ」などとよく言われますが、それぐらい考え込まないといけないということですね。

これをこの記事に全て興していくと半端じゃない物量になるので後日より随時更新していけたらと思います。更新を怠らないようにしなければなりませんね。

ではまた。

事業計画まともにできないと虎たちにフルボッコにされますよw

参考書籍

事業計画書

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で野口 銀河をフォローしよう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧